<< 辻堂 「モティマハール」でおい... 「サンガーデン」でハーフバイキ... >>

台湾の「茶梅」を食べ比べしてみました。「沁園 」対「全聯福利中心」  2015年10月

今年の8月、台湾(台北)へ旅行をした時に購入した茶梅。

賞味期限が長かったので、『すぐには食べない棚』(すぐ食べてはダメ。ゆっくり楽しみましょう棚)に置いて忘れそうになっていました。 危ない、あぶない。。。

これで何度悔し涙を流したことか。。。あ~高級缶詰を、破裂するまで放置するなんて!!

今回は茶梅!!
食べたことがないのに、きっと好きに違いない(なぜ?)と2種類を買って来ていました。

まずは「沁園 (チンユェン) 」(永康街)の『凍頂茶梅』
d0337530_18291602.jpg
d0337530_18292353.jpg
<300g/230元>
常温で半年は大丈夫だそうです。 ヨカッタ、ヨカッタ。。


次は、スーパーマーケット「全聯福利中心」で買った『茶葉梅』

d0337530_18293278.jpg
<80g/25元>
保存期間1年と記載あり。。 な~んだ、長かった。。

さあ、初めにお二方の容姿を比べさせていただきましょう。
d0337530_18295691.jpg
 
                 <23個入り・1個10元>

ぷっくりとした梅はつややかで、高級感が漂っています。
凍頂烏龍茶に漬けた梅とのことで、お茶の葉もちょこっと入っていますね。

もしかして、このお茶っ葉を集めてお湯を注いだら、美味しい梅茶になるかしら・・
梅茶を飲みながら茶梅を食べると・・・お口は何味???

いよいよスーパーマーケット『茶葉梅』のオープンです。

d0337530_18294501.jpg
                 <15個入り・1個 約1.6元>

おや、梅干しばあさん??  何だか水気が少なくありませんか?
コラーゲンとか、ヒアルロン酸とか・・足りています?

d0337530_18301404.jpg
外見は高級茶梅の勝ちですね。
でも、お金をかければ美しくなるのは当たり前!! 
大事なのは中身、心よ、心!! (種?)

さあ、食べ比べしてみましょう。。

<右>「沁園」の『凍頂茶梅』
   カチカチでもグニャグニャでもない、程よい弾力があります。
   ほんのり甘く、ほんの少し酸っぱく、いいバランスですが、お茶はどこに??
   果肉はジューシーで、少しづつかじりながら楽しめます。
   確かに美味しいと思います。 ただ、期待が大きすぎて・・。

<左>スーパーマーケット「全聯福利中心」の『茶葉梅』
   水分が少ない分、果肉はしっかりしています。
   ただ、小さい分、その果肉も少ないので悲しい。
   いえいえ、驚くのはお茶の風味。。しっかりお茶で漬けた梅です。
   口に入れた途端、お茶がフワーッと香ります。
 
d0337530_18302494.jpg
両方の梅をいただいて、個人的にはお安い方のスーパー梅の方が高得点となりました。。
せっかくお茶で漬けた梅をいただくのであれば、お茶を感じたい!!

次回は「全聯福利中心」(他のスーパーにもあるかもです)でたくさん買い、お土産(1袋100円前後)として配りましょう。。
お安くて、日持ちがして、美味しくて、かさばらなくて、いいことだらけの『茶葉梅』。

あら、何だか日本の梅干しが食べたくなりました。 
梅干しおにぎりを作りましょう。。  紀州産南高梅で。。

いただきます。。 すっぱ!!














[PR]
by reiyasu6331 | 2015-10-14 07:40 | 台湾 | Comments(0)
<< 辻堂 「モティマハール」でおい... 「サンガーデン」でハーフバイキ... >>