<< 平塚「サンガーデン」ハーフバイ... ホーチミン⑥ドンコイ通り『トン... >>

ホーチミン⑦「ホテルニッコーサイゴン」の『ラ・ブラッセリー』で悲しいディナーブッフェ 2016年 9月

雨季だというのにカンボジア<シェムリアップ>とベトナム<ホーチミン>を旅して参りました。

最終日、夜遅いフライトなのでお夕食はゆっくりとることができます。。
そこで、「ホテルニッコーサイゴン」のブッフェレストラン『ラ・ブラッセリー』へ参りました。

ディナーブッフェ:1人約6,000円+税・サービス料 というベトナム物価としてはお高いお値段設定。。

でも旅行での最後のお食事ですもの、日系ホテルのディナーですもの、美味しいものがいっぱいあるに違いないのですから、出しましょうおいくらでも!!  

日本からホテルのHPで予約。。 静かで落ち着くお席をリクエスト。。

さあ到着です!! オープン直後でガラガラ!! 弧を描くように長く長く続く客席!
d0337530_22065754.jpg
さあ、ここから私の海外旅行初の熾烈な戦が始まると、誰が想像したでしょう!! 

予約したバウチャーを示して通された席が入り口すぐの窓際。。
(ま、相手は見もしませんでしたが・・・)

空調のせいで冷気が大量に噴出している席。。
寒い!! 冷凍されてしまうのではと思う程の冷気。。(オープン直後だったから?)
見える範囲ではお客様なんて誰もいない隅っこでブルブル震えている日本人2人。

「スミマセン、寒いのでお席を替えて下さい。」 相手は黙ってブランケットを持ってきた!
無人の隅っこでブランケットを巻き付けている間抜けな2人。

「申訳ないのですが、やっぱり席を替えて下さい」 相手はじゃあここでと・・

何と、2歩歩いた隣のテーブルで、お店の出入り口の席・・・・つまりもっと悪い席。
そしてパッとドリンクメニューを渡し、ワインは?ビールは?と怒涛の勢いで聞いてくる。

なめんなよ!! 汚い言葉で申し訳ございません。。

こちらの英語も片言なので、日本語を話せる人を・・といっても「私、日本語OKね!」とその女性。
困っている私たちを見ても知らんぷりしている何人もの男女スタッフ。。

果たして肩にブランケット、膝にもブランケット姿で出入り口で食事をすべきか・・

NO!! 強く抗議し、やっと奥に案内されたのでした。。ため息をつかれながら。。

さあ、気分を変えて楽しみましょう!!

こちらの売りはロブスターも食べ放題だということ。。

テーブルでオーダーということで、<ガーリックバター>と<チーズ焼き>をオーダー。。
「どう?」と変にフレンドリーに(こちらは客だ!)聞いてきた先の女性スタッフが「ロブスターは?」
もう頼んだと言ったのに、こんなソースもあるんだよとまくし立て、結局こんなに来ちゃいました。。

d0337530_22131683.jpg
<ロブスター チーズ焼き>

d0337530_22130347.jpg
<ロブスター ガーリックバター>

d0337530_22122952.jpg
<ロブスター タマリンドソース>

ま、いいか、ロブスターがたくさんすぎて困るなんてありえない!!
d0337530_22133616.jpg
こんな大きな身がスポッ! がぶっ!

d0337530_22124572.jpg
お~、なんという美味しそうなお姿!

至福の時間・・ロブスタータイム・・・・ん??  ん??  んぐっ??

どのロブスターもパサパサで、ジューシー感どころかロブスター独特の甘み・芳醇さもない・・おまけに味もない・・テーブルにあったお塩をパラパラ。。
大きいだけの、特売冷凍エビというレベルの食感。。

どうしよう? こんな物でお腹いっぱいにしたくない。。
ごめんなさい、裏返して食べた振りをしてしまいました。。 勿体ない!

「すみません、ドリンクメニューを!」
今度は近くに居た男性スタッフにお願いしました。

「ワイン?ビール?」
アルコールは飲まないと言うと「じゃあオレンジジュースかコーラね」と2択。
でも見たいのでメニューを(寒いお席では渡されたので、あることは知っている!)とお願するも
「ノンアルコールはオレンジジュースかコーラしかないから、どちらにするの?」
頑として持ってこない。。 

プリーズと言っても「オレンジジュース?コーラ?」動きません。。 
仕方がなく「ジュース、プリーズ」・・負けました!面倒過ぎて、負けてあげました!

ブッフェ料金に飲み放題も付いているのに、結局そのメニューも見ることがないままに・・
当然写真もありません!

「どお?」またあの女性スタッフが巡回。お店空いているので暇なのでしょう。
「蟹は?」「蟹食べる?」
「何蟹?」「なんという蟹?」 ロブスターでめげたので確認を・・
「はぁ? 蟹よ蟹!」 蟹くらい知ってますよ私でも・・

結局こんなカニが来ました。
d0337530_22183594.jpg
d0337530_22195388.jpg
傷だらけ・・大変な人生(蟹生)だったのね。。 
これはジューシーで甘みもあり美味しかった!! ただ臭かった。
少しかじっただけでコメンナサイ。。

美味しかったのはお寿司。。
d0337530_22105217.jpg
d0337530_22111256.jpg
日本人の方がいらっしゃるコーナーは安心できました。。 良かった!

d0337530_22095662.jpg
ではせっかくですので、お料理の写真を・・

d0337530_22072853.jpg
d0337530_22073751.jpg
d0337530_22074628.jpg
見事なシーフードコーナー
d0337530_22091776.jpg
d0337530_22084712.jpg
d0337530_22093373.jpg
d0337530_22102561.jpg
d0337530_22135489.jpg
今まで見たこともない素晴らしいラインナップ!!
美しい飾りつけ!!

(ロブスターや蟹はこちらのはディスプレー用で「テーブルオーダー」だから取らないで・・とのこと)

ディスプレーは最高です。。
食いしん坊の私が今まで訪問したホテルブッフェの中でも(勝手に)ディスプレー大賞です。。
ただ・・ただ・・どれもお味は。。 残念!!

      「ラ・ブラッセリー」さんにお願いです。。 

①ドリンクメニューは全員に見せて下さい。ブッフェ料金に含まれていますので。
②ロブスターや蟹の調理方法、ソースの種類はきちんとメニュー化して下さい。
 ベラベラと並べたて、「どれ?」と。 あり得ません。
③日系ホテルです。できれば、レストランスタッフにも日本人を配置して下さい。
 もしくはきちんとした対応ができるプロを。
(1Fでは何人もの日本人スタッフとお会いしました。とても親切でした!)

   旅行最後のお食事はこうして心底疲れただけのものに・・
  
   ご馳走さまでした。。とは言えません。 ただただ残念でした。。

   
   
   



























































.....0-+++







[PR]
by reiyasu6331 | 2016-10-09 10:52 | カンボジア・ベトナム | Comments(0)
<< 平塚「サンガーデン」ハーフバイ... ホーチミン⑥ドンコイ通り『トン... >>