人気ブログランキング |

カテゴリ:台湾( 30 )

士林夜市 その2 2015年8月24日 1日目 ⑧

士林夜市 その2 です。

かき氷でクールダウンさせた身体で、また夜市を歩き回ります。

d0337530_23264573.jpg
とにかく人がいっぱいです。
観光客はまず一度は訪れるでしょうが、どう見てもそれだけではありません。
毎日やっているお祭りに、地元の方々はどれ位の割合で参加されるのでしょうか。

しかも、そんな夜市と名の付くお祭り、縁日、食の祭典が地下鉄で2,30分圏内にいくつもあります。
こんな楽しいことがあるでしょうか。

雑貨あり、衣類あり、食べる物あり、ちょっとしたゲーム(子供用)ありです。

では、何がないでしょうか?
それは、飲み屋さんです。
お酒を飲んで酔っ払っている人が居ない。
「よう、ネエちゃん・・ヒック・・」なんてフラフラ歩いている迷惑おじさんが一人も居ない。

屋台ではアルコールの販売が禁止されていて、「どうしても飲みたいんじゃ」という人はコンビニへ行って購入するのだそうです。

さあ、そんな<清く正しく美しい夜市>を楽しみますよ!!

<士林豪大大鶏排>

d0337530_23271284.jpg
d0337530_23273712.jpg
大きなフライドチキンのお店。 
大きさを売りのお店なんて、記念撮影にはいいかもしれないけれどねぇ。
馬鹿にしていました。ごめんなさい。
超美味しかったです。まさか屋台でこれだけのクオリティのチキンが食べられるとは思っても居ませんでした。
本当に、ごめんなさい。

こっそりと、こんなに油っこくなく揚げる方法と、どんなスパイスを使っているのかを教えてもらえませんか?

<阿宗麺線>
d0337530_23275323.jpg
西門にある本店に行けそうになく、こちらで食することに。
何といっても座る席が沢山あって、休憩もできるのが嬉しい。

麺線は初めての食べましたが、大好きになりました。
モツは苦手の私でも美味しいと思うほど、きちんと下処理をされていることが良く分かります。
疲れた身体にやさしいお味が染み渡りました。

d0337530_23281459.jpg
<焼き肉まん?>
お店の名前は忘れてしまいましたが、小さ目の肉まんを油で揚げて、焼いたような物。
皮がカリカリで中の具もしっかりお肉でとても高級感あり。
これは地味だけれど、お勧めですね。

と。。。ここで体内電池が切れました。
もう無理です。歩くことも、食べることも。

タクシーでホテルへまっしぐら。

深い眠りにつく前に思いました。 台湾って楽しいな!!











by reiyasu6331 | 2015-09-05 23:38 | 台湾 | Comments(0)

士林夜市 その1 2015年8月24日 1日目 ⑦

本日の最終イベント「士林夜市」

もう何時間寝ていないのでしょう。少なくとも1日半は寝ていません。
なのに、どうして元気なのでしょう?
ここは台湾だからです。美味しい物が沢山あるからです。
寝に来たのではなく。食べに来たからです。

でも。。疲れた。。もう駄目だ。。

気合いを入れましょう! まず<かき氷>だ!

d0337530_22052514.jpg
士林夜市に来たら是非来たかったお店「辛發亭」
なかなか見つからず、見つけたブルーの看板に抱き付きそうになりました。
本日2店目のかき氷屋さん。

夜市を回って帰る前にもう一度寄ろうね。。
大評判のマンゴーかき氷はその時食べようね。。絶対ね。。
と、あえて他のメニューを選択してみました。

d0337530_22055448.jpg
<ミルクコーヒー味フワフワかき氷>
この見事なお姿。美しいコーヒー味のフリルの上にトローリとかかったコンデンスミルク。
そっと身にまとえば、社交界にデビュー出来そうではありませんか。

美し過ぎる!! パクッ。 美味しい!!
程よいコーヒー味が後を引きます。止まらない。瞬間冷凍して持って帰りたい。

d0337530_22061586.jpg
<ピーナツ味フワフワかき氷>
これもまた見事な装い。 美しい。
庶民的なピーナツがこんなに華麗に変身するとは誰が思ったでしょう。

お味はピーナツの味です。
氷とピーナツが不思議に手をとり足をとり、絡み合ってたまりません。
うん、これはアリですね。

他にもオーソドックスな <イチゴ> <メロン> <パイナップル>
ちょっと変わり者の <コーヒーこんにゃく> <さつまいも>
そして超変わり者・誰が頼むんじゃの <とうもろこし> <生卵> 

勇気がある方は是非お試し下さい。

最後に、残念なお知らせ。
夜市散策のあとに再訪する予定でしたが、またの機会に・・となりました。
何故ならば・・体力が・・あ~っ!<マンゴーかき氷>が・・







by reiyasu6331 | 2015-09-05 21:57 | 台湾 | Comments(0)

「丸林魯肉飯」  2015年8月24日 1日目 ⑥

ホテルで休憩をした後、軽く夕飯を食べてから、台北一番の夜市「士林夜市」へ繰り出します。

台湾と言ったら<魯肉飯>でしょう。。
と、誰が言ったのか分かりませんが取りあえず食べてみましょう、魯肉飯。
チエックしておいたお店は、地下鉄駅から少し距離があるらしいので、暑さ厳しき折、タクシーで向います。

余談ですが、台湾のタクシーはお安いのです。 
日本ではメーターを見つめて、動くなと念じながら乗っている私ですが、台湾では余裕です。
ワタシ、外の景色を楽しみますので、好きなように走って下さいね。。

d0337530_21100064.jpg
「丸林魯肉飯」
魯肉飯とお店に掲げている位ですからきっと美味しいに違いない。
タクシーの運転手さんも片言の日本語で「おいしいよ」と。

立派な店構えですが、中はちょっと食堂チック。
まずお盆を持っておかずを取ります。

d0337530_10204769.jpg
d0337530_10210467.jpg
時間(午後6時頃)が夕食には早かったのか、品数が少ない。
『コレ美味しいよ!』とポンとお皿に乗せられると『ありがとう』と言ってしまう私が嫌い。

d0337530_21102503.jpg

d0337530_21104763.jpg
魯肉飯と鶏肉飯、蛤スープを別オーダーし、勢揃い。
うーん、私は台湾料理は苦手かも・・
何がというと、食感と匂いです。
クニュクニュ、ブニュブニュ、という食感は苦手だったんだな~と実感しました。
それと、好きな人には堪らないだろう獣臭。

(地元の方々には大人気らしいので、あくまで味音痴の私の言い放題、勝手放題とお許し下さい。)

蛤のスープはやさしいお出汁が心地よく、美味しく頂きました。
青菜の炒め物は普通に頂きました。

d0337530_10211566.jpg
その他はごめんなさいでした。

もう少し逞しい味覚を手に入れた暁に、是非リベンジさせて下さい。







by reiyasu6331 | 2015-09-05 21:15 | 台湾 | Comments(0)

永康街  2015年8月24日 1日目 ⑤

次は永康街をフラフラしてみます。

と言うか、次は「思慕昔」でかき氷と決めているのです。
有名店だと聞いていた通り、大勢の人が並んでいます。
お上りさん感満載でほとんどが日本人らしく、日本語が飛び交っています。

d0337530_16401557.jpg
何だか原宿っぽいな。。と、ここ数年行ってもいないで偉そうなことをつぶやいてみます。

2階に上がり、マンゴーかき氷を注文。
席で待つように言われておとなしく待っていると、スタッフが困った顔で席まで来て、カウンター近くを指さします。
ピカピカ!!私が持っているレシートに書かれた番号が電光掲示板で光っている。
<出来たら光るので取りに来て!>ということらしい。

スミマセン、わざわざ席まで。でも、どうせ来るなら、持って来てくれたら良かったのに。ね。。
d0337530_16422454.jpg

来ましたよ~、マンゴーかき氷、マンゴーソルベのせ。
ちょっと傾いてしまったのは、待ちくたびれたせいかしら?
何ともゴージャスではありませんか。
<夏の美味しい食べ物を集めてみたら何になるでしょう>の正解がコレ!!

フワフワの氷、芳醇で甘みたっぷりのマンゴー、シャリシャリうまみギュッのソルベ、風味豊かなマンゴーソース。
台湾で初めて食べたマンゴーかき氷。
滞在中いくつ食べられるか、これは楽しみになりました。。

次に向かったのは、と言うか、後ろを向いて数歩歩いて列に並んだのが「天津蔥抓餅」。
d0337530_16424815.jpg

d0337530_16431602.jpg

葱油餅という、おかずパンクレープのような感じの物。
欲深私は「全部入り」をチョイス。
出来立てで熱々、サクサク、フワフワ。
これは人気があるのが頷ける、超美味しい食べ物です。
大満足。

d0337530_16444019.jpg
近くにあった「50嵐」で、人生初の「タピオカミルクティー」も買って葱油餅と一緒に公園で飲んでみました。
ここでも欲深さがポロッと出てしまい、タピオカの粒を大粒チョイス。
吸うたびにボコッボコッと、口の中にバッティングセンターのボールよろしく飛び込ん出来ます。
お陰様で、本来の美味しさを味わうことよりも、口の中に溜まったボールを噛んで飲み込む作業に疲れ果てました。

ここは公園。
美味しい物を食べている、美味しそうな人間には当然のように蚊が集まってきます。

さあ、そろそろホテルに戻りましょう。














by reiyasu6331 | 2015-09-05 16:40 | 台湾 | Comments(0)

「鼎泰豊」 2015年8月24日 1日目 ④

いよいよ憧れの「鼎泰豊」です。

お~、並んでますぞ! アレッ?そうでもないな。。
待ち時間は15分だそうで、そのままお店の前で待つことに。

d0337530_15164169.jpg

渡された注文表にチェックを入れながら、「鼎泰豊」の前で順番待ちをする私を楽しみます。

でも、超満員の飛行機乗客がみんな並ぶのではないかと心配していたのに、拍子抜けじゃあありませんか。

<注文した物>
普通の小籠包   10個
蟹の小籠包     5個
エビシュウマイ   5個 のつもりがチエック間違いで エビ蒸し餃子が到着
肉チャーパン    1皿
エビピリ辛ワンタン 1皿
キュウリ      1皿
d0337530_15173604.jpg

まず「キュウリ」が来ました。美しく積んであります。
ピリ辛醤油のような味がしっかり沁みています。
よしよし、なかなかのスタートだ。。 
生ぬるでなく、冷たく冷えてさえいれば。。

d0337530_15171727.jpg
さあ、お待ちかね、「小籠包」がきました。
蒸籠からホワーンと湯気が。 おー出来立てだ、と当たり前のことに感激。
持ち上げると、皮が垂れ下がり、スープが透けて見えるじゃありませんか。
いつかどこかで見たこのフォルムが、私の箸の先にぶら下がている!!

なんて遊んでいる場合じゃありません。
ビシビシ効いた冷房の中、小籠包は秒速で冷えて行くのです。
「美味しい。ハフハフ、美味しい」 無言で食べます。
ちょっと肉感が強いかな。。と言う感じです。
d0337530_15203593.jpg

次は「エビシュウマイ」のはずだった「エビ蒸し餃子」。
ミスを引きずりやすい相方と、食べ物のミスは許せない私は無言で食します。
さっぱり頂きました。ハイ。

d0337530_15192138.jpg
さあ期待大の「蟹小籠包」到着。
小さな「蟹」が蒸籠に乗っている。
可愛い。『後で食べちゃうぞ、待ってなさい!』

d0337530_15194966.jpg
こっそり皮を破ると何やらオレンジっぽい物が。
きっと蟹ミソだぜ、濃厚蟹ミソ祭りだぜ。。

パクッ。。うん? 蟹さんはどちらへ? 
おおざっぱな性格の私の舌は、持ち主と同じくおおざっぱなんでしょう。
探しあぐねている内に蒸籠は空っぽに。

その上、何と、あの小さな黄色いカニさんが残ったまま”サッ”と、無言のまま”サッ”と持ち去られてしまいました。
おとなしい日本人は言えないのです、『返してくれ』とは。
d0337530_15175434.jpg

次は肉チャーハン。 
見た感じは完璧。レンゲですくったパラパラ感もパーフエクト。
う~ん、思わず目をつぶって頬張った瞬間、『何、これ!!』
味がない。何の味もしない。上品な油のほのかな香りのみ。

絶対に味付けを忘れている。こんな馬鹿なことがあるはずがない。
薄味のレベルをはるかに超え、こんなに味がない料理は初めてです。
ひっくり返したいちゃぶ台がないので、ウロウロしているスタッフに塩をお願いしてみます。

『塩』も『ソルト』も通じないので『塩』と手帳に書いて、チャーハンの上にパラパラかけるマネもしてみたりします。
なんでこんなに必至になるのでしょう。
食べたいからです。せっかくの「鼎泰豊」チャーハン。残して帰国する訳にはいかないからです。
(来たばかりですが・・)

噂ではスタッフはみなさん感じ良く、接客態度も素晴らしいと。  

明らかにわかる薄笑いを浮かべながら、小皿に見える見えないかのパラッという量(つまむことも出来ない量)の塩を入れ、ドンとテーブルに置いたあなた。
このやり取りを見ながら、面倒臭そうに腕組みをしていたあなた。
「鼎泰豊」を思い出す時、あなたたちのことを思い出してしまい、苦い(しょっぱい)思いをする人がいるんですよ。

d0337530_15182731.jpg
さて、気を取り直し。エビピリ辛ワンタン。
お~、見るからに美味しそうなビジュアル。
混ぜ混ぜして、ツルッ。 
これは美味しいです。 ワンタンの皮のツルツル感が抜群。
エビはプリプリで程よい辛さのタレが効いています。

美味しかった。 
憧れの本店で食べることができて、この旅行のミッションの一つ目がクリアーです。
また来ますね「鼎泰豊」 

いや、多分、来ないな。。「鼎泰豊」












by reiyasu6331 | 2015-09-05 15:23 | 台湾 | Comments(0)

地下鉄  2015年8月24日 1日目 ③

さあ地下鉄(MRT)に乗って出陣です。

悠遊カード(Easy card)というプリペイドカードを購入します。

おっと、行天宮駅では売っていないと。
幸先悪いな・・と思いつつ、取りあえずトークンを買って、悠遊カードを売っているという駅まで行ってみます。
(悠遊カードは〇〇駅限定ではなく、〇〇線各駅で販売ということらしい)

d0337530_10213094.jpg
トークンはおもちゃのようなプラスチック製。
切符よりもなくさないでいい、という方も居るらしいが、「よく転がりそうだなあ~」とコロコロと足元を転がっていくトークン君を想像して楽しんでみました。

教えて頂いた駅で無事悠遊カードを購入。
取りあえず100元チヤージしておきます。

d0337530_10215251.jpg
台北の地下鉄は本当に綺麗です。
飲食厳禁が効いているのか、ゴミがありません。もちろん空き缶が頃が転がっているなんてことも全くなく、駅のホームも広々スッキリで気持ちがいい。
d0337530_10211478.jpg

その上、ホームと線路の間にクリアーな壁(?)があり、電車のドアと壁の扉の両方が開いて(ピタッと位置が合うんですよ!)乗り降りします。
つまり押されてホームに落ちてしまうなんていうことはないのです。
全路線なのか、駅による限定なのか、よく分かりませんがとても安全ですね。
日本でも、一部の路線ではこのような感じの物を見かけますが、これは是非もっと普及して欲しいものです。

地下鉄は言うまでもなく地下を走っています。
従って、下へ下へと下りて行く、又は上へ上へと上って行く。
エスカレーターでじっと立って運ばれたい人は右側に立って下さい。
私が住む地域では左立が常識でしたが、台北は右。
何度も間違えてご迷惑をおかけしました。。。
やっと体に馴染んだ頃帰国、今度は地元でご迷惑を。。。

そのエレベーター、そっと人々を運んでいる訳ではありません。
壁面に絵や写真。 なかなか楽しいじゃあありませんか。
d0337530_10221235.jpg

さあ、次は台北での初めてのお食事です。







by reiyasu6331 | 2015-09-04 10:27 | 台湾 | Comments(0)

「ゴールデンチャイナホテル」  2015年8月24日 1日目 ②

ホテルは「ゴールデンチャイナ」(康華大飯店)

地下鉄 ≪行天宮≫ 駅4番出口の隣にあるホテルです。
本当にホテルを出て左を見ると4番出口が目の前。
地下鉄で飛び回るには最高の立地かと。

d0337530_21483656.jpg
ただし、地下に潜ってから改札口までは結構歩きますので、本当に近いのかと言われると ”う~ん” という感じではあります。
d0337530_10262282.jpg

d0337530_10265583.jpg
ホテルはちょっとキラキラしたビジネスホテルという感じでしょうか。
日本語を話せるスタッフも多く、フレンドリーなので気が楽です。

「おおきに!!」と大きな声で言われた時にはドン引きしましたが。。

お部屋はツイン。
d0337530_20142032.jpg
d0337530_20145540.jpg

d0337530_10274142.jpg

日本人大好きウォシュレットもあり、基本的な備品はきちんと揃っています。
何より嬉しいことは、毎日ペットボトル一人一本づつ頂けること。
インスタントコーヒーやお茶のティーバックも毎日補充。 ありがたや。

シャンプーとリンスは持って来て良かった。
ホテルのを使ってみましたが、音がする程ギシギシになってしまった。

一番の残念賞が冷蔵庫があまり冷えなかったこと。
ホテルのスタッフに見てもらった所、これでも精一杯とのこと。
頑張ってこれなら仕方がないじゃないか・・・
人間だれにでも欠点はあるさ・・人間か?

と、ホテルについて書いた所で到着時まで時間を戻します。

チエックインは3時なので、荷物を預けてイザ出発です。
まずは地下鉄を使ってみましょう。






by reiyasu6331 | 2015-09-03 21:50 | 台湾 | Comments(0)

羽田発台北行 機内にて  2015年8月24日 1日目 ①

d0337530_09230677.jpg
d0337530_09232482.jpg

初めてのチャイナエアライン。 定刻離陸です。

台湾は人気があると聞いてはいたものの、超満員には驚きました。
周りを見渡しても空席は一つもありません。
こんな朝早くから、どこからどうやって集まってきたのでしょうか。

次に思ったことが、この大勢さんが台北についた後どこに行くのだろうと。
お昼はどこで食べるのだろうか。
何の関係もない大勢さんのお昼の心配です。
というか、私が予定しているお店に並んだら・・と妄想で困ってみたりします。

さあ、やっと朝食と思ったら、配り始めたのは「特別食」。
子供用、ベジタリアン用、宗教上制限がある方用、減塩食、ローファット食など特別に配慮したお食事。
何が羨ましいかというと、真っ先に配られるのです。
と言うことは、さっさと食べて、さっさと寝ることができるのです。

そして実に30分後、やっと普通食が配膳。
待ったかいがありました、と言いたい所ですが・・・マズイ・・恐ろしくマズイ。
d0337530_12525003.jpg

d0337530_12521827.jpg
「お魚」「パンケーキ」それぞれ頼んでみましたがどちらも苦笑いの域。
空の上で ”出しても200円” 感をかもし出せる機内食。ある意味スゴイ。

さあ、次は「入国カード」を書いてしまいましょう。

反対の通路で随分前に配っていた「入国カード」ですが、こちらの通路では気配もなし。
「エックスキューズミー」「プリーズ」「あの、すみませんが」
CAが通る度に、雰囲気を変えて声かけしてみますが「後で~」「待ってね~」軽く流されてしまいます。
もういいわ!!着いちゃったら知らないから・・・困るのは私ですが・・

着陸直前、やっと手に入れた「入国カード」

「職業」欄に書く「主婦」の英語が出てこない。「Homemaker」が出てこない。
仕方がない、「FREE」と書く。
「自由人?」「ひま人?」まあそんな人間ということで。。

時間より少し早く着陸。 ありがとう。

手続きを終え、荷物を受け取り、空港内銀行で両替。

取りあえず2人で6万円。
足りなくなったらホテルで両替することにします。
d0337530_20423866.jpg

さあいよいよ ≪台北 食べまくりの旅≫ の始まりです!!





by reiyasu6331 | 2015-09-03 12:55 | 台湾 | Comments(0)

羽田発早朝便 前泊

どうせ行くのなら、少しでも長い時間遊びたい、いろいろ食べたい・・

こんな、誰でもが考えるであろう単純明快な思いを形にすべく、羽田発早朝便旅行を申し込みました。

さて、そんなに朝早く、どうやって羽田までたどり着けというのでしょうか。
ハイ、羽田近くのホテルに泊まってしまいましょう。

「ホテルマイステイズ羽田」
d0337530_09141244.jpg

d0337530_10293761.jpg

京浜急行線「穴守稲荷」駅 近くの 2014年にオープンしたばかりのとても綺麗なホテル。
アメニティの種類も多く、フィットネスジムやライブラリールームなど気分転換もできるようです。
最大のポイントは羽田までの無料シャトルバスがあること。
d0337530_09172419.jpg

d0337530_09151582.jpg

d0337530_10310000.jpg

「早く寝なくては」「明日は台湾、力を蓄えなくては」
・・・眠れない・・・興奮して眠れない・・・元気なのに風邪薬を飲んでみても眠れない・・

朝です!! というか寝ていないのに起床時間の4時です。

羽田発7時10分
パック旅行の悲しさ。 集合時間が2時間前の5時10分。

d0337530_09224953.jpg
荷物を預けて2時間。 何をしていろというのでしょうか。 朝っぱらから。
2時間あれば、頑張って自力でパタパタ飛んで、かなり台湾近くまで行けそうな気もするのですが。

ここで出発前に準備しておいたことを2点。

① 海外旅行保険手続き
「何かあったら大変!」 この「何かあったら」に弱い。
「もしかしたら当たる」宝くじは当たる気がしないけれど、「何かあったら」は何かあるかもしれないと思ってしまう。
 ということで、ネットで「海外旅行保険」に加入しました。
 2名分で3000円弱の安い保険ですが、これで「何かあっても大丈夫」と一安心です。

② 海外WiFiレンタル手続き
 ネットで調べて台湾3泊4日で約2300円で申込み。
 出発前に空港で受取ります。(返却も空港で)

出国審査。機内持ち込み荷物のチエックです。

若者(男の子)の一人が持っていた、大瓶のヘアージェルが引っかかっています。
命の次に大事な髪の毛なのでしょうか、髪の毛を抱えて、いや頭を抱えて困りまくっています。
いっそ髪の毛に全部塗ってしまったらいいのに。

私は自分のボサボサ頭を気にも止めぬまま、とっとと機内に消えて行きました。











by reiyasu6331 | 2015-09-03 10:33 | 台湾 | Comments(0)

初めての台湾 

d0337530_08393910.jpg
初めて台湾に行って来ました。
娘から「旅行券」のプレゼント。。  ありがとうね。。

さてどこに行こうかと迷いに迷い、まだ行ったことがない台湾へ行くことに。

<旅行日程>

2015年8月24日(月)~8月27日(木) 3泊4日

宿泊ホテル: 台北 ゴールデンチャイナホテル(康華大飯店)

航空会社 : チャイナエアライン

8月24日  羽田空港発  07:10 (CI0223)
       松山空港着  10:00 
  25日  自由行動
  26日  自由行動
  27日  松山空港発  18:15
       羽田空港着  21:55 (CI0222)

往復の航空券とホテルがセットのパック旅行です。
ホテルは地下鉄駅出口からすぐで ‟雨にぬれずに駅からホテルへ‘‘ の謳い文句が気に入ってしまった『ゴールデンチャイナホテル』

短い期間の旅行。 しかも夏服はかさばらない。 持って行く物はさほどない。
相方と2人の旅行ですが、スーツケース1個で充分。

分かっているんです。よく分かっているんです。
美味しい物を食べに行く旅。 それで満足じゃないですか。 大人なんですから。

しかし。。ヒョイ!! ほぼ空っぽのスーツケースを各自1個づつ手ににこやかに旅立つのでした。
買物リストを握りしめて。。






by reiyasu6331 | 2015-09-03 08:43 | 台湾 | Comments(0)